ANAマイルとトラリピでセミリタイアを楽しく!

ANAマイルとFXで地味になりがちなセミリタイア生活に彩をw

2017年1月からの個人型DC『楽天証券、君に決めた!w』個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)に入ろうと比較検討した結果

 

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)

2017年1月から今まで加入できない区分の人も加入できるようになりました。(専業主婦、企業年金にプラスしたい人*1、公務員)

って事で、夫のDCをプラスする事に!色々比較検討してみました。

 

dc-center.jp

どれだけ節税できるか上のサイトで試した所、600万~の年収の人が2万円拠出で年間7万円位節税できる事が判明!

 

*1企業のDCに入ってる人はお勤め先に規約変更の有無を聞いてみて下さい。

 

受け取るまでわりと期間ありますが、日本や世界経済に不信があるので今のところ定期預金80%国内債権20%にするつもり、スイッチングも出来るので気が変わったら変更するかもですけど。。。

 

楽天証券に決めた理由

  • キャンペーンで2017年は口座管理手数料無料
  • 18年以降も10万貯まっていたら無料
  • マネーブリッチ設定で普通預金金利が5倍(余剰資金は楽天銀行にプールしておけば高金利を享受できます。)
  • 信託報酬が低いインディックスがある
  • たわらノーロード国内債券がよさげ

確定拠出年金とは(制度概要) | 楽天証券

リンクで取り扱い商品がみれますよ、

申し込みも始まっています。

dc.rakuten-sec.co.jp

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の注意点

楽天証券でも絶対に掛かる手数料があります

  • 国民年金基金連合会に 2,777円(開設時のみ)
  • 積み立てを行う場合167円(月額)
  • 積み立てを行わない 64円(月額)

 

楽天証券へiDeCo(イデコ)申し込み手順

  1. 年内目途に予約申し込み
  2. タイミングみて積み立て(なるべくひと月で限度一杯)
  3. 放置

そうすると月額の積み立て費167円を抑えられるのではw

特に元本保証型はタイミング関係ないのでひと月で限度一杯をおススメしますよー

 

最後に各社の手数料比較リンクを貼っておきますね

手数料を調べる|個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ(イデコナビ)」